Search this site
ちいさい頃から絵を描くのが好きで大人になった今でもそんなことをしています。
絵を描いたり 空間を作ったり 立体作品を作ったり
ガラスや金属を使ったアクセサリー ガリ版印刷を用いた布作品など製作しています。

mail→koyahiroka☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)
twitter→@koyahiroka
instagram→koyahiroka
<< お知らせばかりですが。。。 | TOP | お知らせ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
お久しぶりです。
みなさまお久しぶりです。

すっかり、、
時が流れてしまいました。

いろんなことがとても懐かしくて、
遠い昔のことのような気もします。


怒涛の日々だった、
「海中アパルトメント」
どこからどう書いたらいいのか、もうわからないくらい、
毎日が命がけで、
そしてとてつもなく楽しい時間でした。

とりあえず、
写真とともに振り返ってみようと思います。


搬入を終えたときの景色。
もう朝で、朦朧としながらの完成、、



そして、開店とともに、沢山のお客様が。

ほんとうに、びっくりするくらい、
お客様がいらしてくださって、
海中美術班は、感激しつつ、ちょっと呆然としてしまいました。

ほんとうに、懐かしいなぁ。




(アイフォンに変えたり、パソコンの調子が悪かったりで、、画像サイズが安定せずすみません、、)

マボロシ荘、こんな感じの風景でした。

美術製作中は、
とてつもなく大好きなメンバーと一緒に、
わいわいと楽しい時間でした。
ものすごい暑い部屋で、ただのハイテンションなのか熱中症なのか
わからなくなるような熱気の中での作業。

窓もドアも開け放しての作業で、
参加作家さんが激励(??)に来てくださったり、
おかやんがおにぎり(幸せすぎるおいしさ!!美術班のパワーの源!!)
を差し入れてくれたり。

会期直前は、私は個人作業で
バイトから直帰や、ご飯だけ自宅で済ませて深夜に出勤、
朝までの製作。
とてもとても、大切な時間でした。

そして、会期が始まってからは、
猛猛猛作品製作の日々、、
生活はさらに無くなって、本当に命がけの毎日でした。



期間中に特別に販売していた、
海のサイダーたちと、みんなでつくったおまけたち!
大好評でした!!

さばちゃん作の旗もすごくステキ。
これを見て、サイダーを飲みに入られたおじさまがたもいらしたくらい。



作家さんのたくさんの追加納品で、
マボロシ荘には常に新入居の仲間がいっぱいでした。
どんどん旅立つものたちと、新たにやってくるものたち。
波のように、動き続ける景色。


私はこんなワンピースも納品していました。
海中ワンピース〈アマクサクラゲ〉。


これは最終日に納品した、
海中ワンピース〈マボロシ荘〉。


ニヒル牛2の、最後の夏の日々。

楽しすぎて、
幸せすぎて、
忙しすぎて、

いまだに実感がわかないけれど、
たしかに、みんなで一緒にすごしていたんだなぁ。。


作家さんの紹介を引き連れて泳ぐ、
ウミガメのおじいさん。
今年も登場してくれました。
IMG_1517.JPG
もちろん大蛸さまも!!



住人がいなくなったマボロシ荘。

しん、と。


ほんとうに、
この展示にかかわってくださった皆様に、
心から、感謝してます。

ツイッターでご挨拶しちゃったので、、
いまさらここで言うのも何なのですが。

ありがとうございました。

いろんなかたからの、
とてもとてもあたたかな愛をたくさんいただいた展示でした。

わたしも、いろんなものを愛しているんだなぁ、
と実感させられた展示でもありました。

大事なことだなぁ。



全員映ってないけど、、、

このみんなでこの場所で
すごした時間、忘れません。

かんちゃん、だんなさま、さばちゃん、まつくん、
ほんとうにありがとうございました。

またいつか、一緒に何か出来たらいいなと想っています。


長くなってしまいました。

ちなみに、海中アパルトメントのツイッターアカウントで、
もっと沢山の写真が見られるので、そちらも是非ご覧ください。
@kaichuapartment
https://twitter.com/kaichuapartment

。。。。
そしてこの後は、、、、
個展です。
お知らせ連投するかも。
そちらもよろしくお願いします!!!



 
posted by コヤヒロカ | 21:12 | 作品・展示の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 21:12 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hirokahibi.jugem.jp/trackback/370
トラックバック