Search this site
ちいさい頃から絵を描くのが好きで大人になった今でもそんなことをしています。
絵を描いたり 空間を作ったり 立体作品を作ったり
ガラスや金属を使ったアクセサリー ガリ版印刷を用いた布作品など製作しています。

mail→koyahiroka☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)
twitter→@koyahiroka
instagram→koyahiroka
<< 大変お久しぶりです。 | TOP | お知らせ 3月、4月 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
お久しぶりです。
またまた、、大変お久しぶりです。
ツイッターをはじめるとブログが疎かになる、、
って言うのは本当なんですね。

ツイッターに最新情報や作品画像たくさん載せてます!
こちらもぜひ見てみてください★
https://twitter.com/koyahiroka
@ koyahiroka


こちらをのぞいていてくださってる方、
ごめんなさいっ!!!

きちんと更新したのが
なんと個展のお知らせ以来。。。。

つまり、、、
個展の様子、こちらではひとつも載せてなかった、
てことですね。
ほんっっっとごめんなさいいいい、、、


時間が随分経ってしまいましたが、
振り返りつつ。

「淵からうたう 〈序〉」

はじまりの景色。







日野まきさんとのふたり展「noir」のときに描いた
「淵」
というこの絵のこの子が主人公。
(なのに写真がぼんやりのしかなかったという。。。)


そして、木彫りで主人公を。
初!木彫り!!
とっても難しかったですが、
脳みそのいつもとは全然違う部分を使った気がして
すごおく、楽しかったのでした。


新作、「最後の星」
ほんとうは「noir」で描くつもりで間に合わず、、
でもこの展示に出せて良かったです。
ニヒル牛2の最後、と図らずもリンクしちゃいましたね。
そんなつもりはなく、最後の星、なんです。


もうひとつ新作「ユメノトナリ」
期間の中盤で追加しました。


過去作ですがヒトのようなモノシリーズ。
「フユノシタ」と「耳に棲む」


過去作「眠りの間」、「黒に染み込む」


“淵”に漂着した、
羽を閉じ込めたペンダント。
お客さまが親切にきちんと立てたり並べてくださってたのを、
漂着物っぽく不揃いに転がしてたのはいい思い出です。
お気遣いくださった方、、、すみません。。。
ありがとうございました!!


期間中にはイベントとして
限定3日間で「星屑洋品店」も開催。
たくさんの方が
わいわいと試着してくださって、
ほんっとに楽しかったなぁ。
仕立て担当のまつこさんも駆けつけてくださったりして。

思い出すと本当に夢のようです。


洋品店にはこんなのや


こんなのとか。
(個別の写真を撮る余裕が無かったらしいです。。。
ほかにもクラゲ柄やカラス柄の洋服たちがあったのでした。)



洋品店、ツーツーツーで出来て、
本当、幸せでした。
この窓から、いろんな方が覗き込んでくれたなぁ。


そして今回も!!
松野康平さんが音楽を作ってくださいました!!
ジャケットはオハラトモコさん!!
超贅沢!!!



ニヒル牛2の閉店のお知らせと共に。


もう何ヶ月も経ってしまいました。
この景色は、
わたしにとってはあまりにも大切。

この建物だから、
この空間だから、
作ることができたこの景色。
それはどこでだってそうなんだろうけど、
でもやっぱりどうしたって特別です。

いまでもあんまりことばにできないでいます。
過ごした時間が多すぎて、
いろんなことがありすぎて、
ことばにしたくないんだと思います。

これから
続きの景色を
時間をかけて作っていきたいです。


まだまだはじまりのはじまりです。



結局ニヒル牛2のこと、
ちゃんと書けないままですが、
すでに新装ニヒル牛が素敵におしゃれにオープンしてます!!
そっちにも作品置かせていただいてます!
店番はひと区切りで、作家としてお世話になっております。
(臨時店番要員になりました)
ぜひぜひ遊びにいらしてくださいね!!!


今後のお知らせも、連投でしたいと思います!!
これからも、どうぞよろしくお願いします。







 
posted by コヤヒロカ | 02:08 | 作品・展示の記録 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 02:08 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hirokahibi.jugem.jp/trackback/379
トラックバック