Search this site
ちいさい頃から絵を描くのが好きで大人になった今でもそんなことをしています。
絵を描いたり 空間を作ったり 立体作品を作ったり
ガラスや金属を使ったアクセサリー ガリ版印刷を用いた布作品など製作しています。

mail→koyahiroka☆gmail.com(☆を@に変えて下さい)
twitter→@koyahiroka
instagram→koyahiroka
<< 3月〜7月のお知らせ | TOP |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

posted by スポンサードリンク | | - | - | - |
「海中アパルトメント −ソコナシ荘 − 」開催中です!
お久しぶりです。
更新滞りまくってすみません!!!

開催中の展示のお知らせです。

「海中アパルトメント -ソコナシ荘 - 」
2017.7.1(土)〜7.27(木)
西荻窪 ニヒル牛
12:00〜20:00

底なしの暗闇の海中に、突然現われたアパルトメント、“ソコナシ荘”。
暗闇の中にひかりが現われ、いきものたちが生まれ、集まります。




海中美術班(この展示のディスプレイを担当してるメンバー)、総力を尽くしましたよ!!
ぜひたくさんの方に見ていただきたいです。

そして、「海中アパルトメント −ソコナシ荘 − 」の“イメージのモト”になってるもののことを少し。

この、“イメージのモト”がばばばばーーっっ!!と繋がって、今回のようになりました。
ひとつ、おおきな“モト”は、友達の出産。
小学生の時から顔を知ってる友達と、
大人になってから仲良くなった友達。
ふたりの友達がほとんど同じ時期に妊娠して、
同じ日に赤ちゃんを産みました。

そのことと、わたしが大きく影響を受けている漫画作品
「海獣の子供」に描かれている壮大で神秘的な世界とがひとつづきだ、
ってことに、急に気がついて深く感動したのでした。
「海獣の子供」のラストのほうでのことば、
「海で起きるほとんどの事は誰にも気付かれない。」
もう、これがすべてなんじゃないか、
ってくらい、すごいことば。

知らない方にはぜひ読んで欲しいな。

わたしがことばでいくら伝えようとしても、
この作品世界の凄さは伝えられないからな。


そして意外かもしれませんが、
実は最後にこのイメージをまとめてくれたのは
日本のロックバンド、エレファントカシマシの楽曲
「RAINBOW」です。
イメージの層を頭の中で繰り返し重ね想いながら、
でもそれをひとことで表現できるいいことばが見つからないなぁ、
と思ってるときに、ちょうどラジカセから聴こえてきたこの曲。
なぜか聴くと泣いてしまうこの曲なのですが、歌詞に
「落ちてゆくすげぇスピードで でかい渦巻きの中 まるで底なしさ」
とありまして。
あ!それだっっ!!!!
と、すごくはっきりとした光が頭の中を走って、
「ソコナシ荘」が生まれました。
本気で表現をしてる人には、
ぐっとくる曲なんじゃないかなぁ。
こちらもぜひ聴いて欲しいです。

説明しすぎかなとも思いつつ、
それぞれのイメージを広げるきっかけにもなり得るかな、と書きました。

ほんとはもっとたくさんの層が重なってます。

みなさまそれぞれの五感?六感?!を通して、
さらに深い層が重なっていくことを望んでいます。
ぜひ、まだの方ももう一度、の方も、
楽しんで見てくださったら嬉しいです。
posted by コヤヒロカ | 13:07 | - | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
posted by スポンサードリンク | 13:07 | - | - | - |
コメント
コメントする










この記事のトラックバックURL
http://hirokahibi.jugem.jp/trackback/383
トラックバック